【どこでもいっしょアプリ】PS2『どこでもいっしょ』シリーズ『トロと休日』の紹介!

どこでもいっしょシリーズ『トロと休日』

トロと休日の概要

2001年11月29日にソニーから発売されたソフト。どこでもいっしょシリーズの第4作目にあたる作品になります。(PlayStation 2としてはシリーズ初)トロと休日を過ごし一緒に思い出を作っていくお話です。旧作品同様、言葉を教えるのがこのゲームのメインとなる行動です。言葉のカテゴリを選択し、8文字で単語を入力することで教えます。教えた言葉はその後の会話の中に登場することがありますが、意味不明になることが多いです。言葉を教えて、会話を多くすることで、トロと親密になっていきます。

 

トロと休日のモデルの町について

実物の町がモデル

トロと休日のモデルとなった町は三浦市の三崎です。オープニングでは、この三浦市の京浜急行電鉄に乗るという場面が流れます。

 

トロとの思い出作り

今回の作品では思い出を「写真」「たからもの」として残すという機能が追加されています。なお、本作では行動を共にするポケピはトロのみで、他のポケピは移動先で出会うキャラとなっています。

絵日記

→毎日トロが絵日記としてその日何をしたか描いてくれます。

写真

→移動先でのイベントを写真に残す事ができます。ゲーム中は自由に撮影が可能です。撮影した写真はエンディング後に見る事ができます。

たからもの

→移動先で、物を拾う事があります。これをトロにあげることで宝物として持っていてくれます。

 

の関連記事

コメントを残す



日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)